クロムめっきとロールナビ

Chrome Plating and Roll NAVI

コラム

Column

表面積の求め方(立方体・直方体)

めっき処理する場合、流す電気量(電流密度)を決めなければなりません。
電流密度は、めっきを処理するエリアの表面積の情報が必要になってきます。
ここでは、一般的な図形の表面積の求め方を紹介します。

立方体

立方体は正方形を6個組み合わせた立体図形です。
下図の左が立体図でそれを展開すると右のようになります。

表面積は立体を構成する面の面積の合計で求められます。立方体の場合は、以下の式で求められます。

直方体

直方体を展開すると下図の右のようになり、正方形と長方形の組み合わせであることが分かります。
これは、立方体とは異なり、全ての辺が等しい訳ではありません。
表面積を計算する際には注意しましょう。

直方体の表面積は以下の式で求められます。

アーカイブ
2023年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031