クロムめっきとロールナビ

Chrome Plating and Roll NAVI

コラム

Column

めっき膜厚の求め方(非破壊)

めっきを処理する上で膜厚はとても重要な品質項目の1つです。

品物にめっき処理した場合、析出しためっき膜厚はめっき前後の寸法差で算出するか、各種膜厚計を用いて測定します。
膜厚計としては、渦電流式膜厚計、電磁式膜厚計、蛍光X線等が使われます。
これらの手法では、測定部分の膜厚が分かります。

めっき試験でサンプル板にめっき処理する場合、めっき前後の重量差からめっきの析出量を求めることがあります。
析出しためっき重量を膜厚に換算するには、析出した金属の密度、めっきが析出した面積の情報が必要です。
表1に、代表的なめっきの金属の密度をまとめます。

この方法では、まず単位面積当たりのめっき析出量( Pw [g/m2] )を求めます。

析出しためっき膜厚( t [µm] )は次の式で求めます。

例)10cm×5cmの鉄板にクロムめっきを処理しました。
めっき前の鉄板の重量は25.7655gで、めっき後は27.1555gでした。
さて、何µmの膜厚のクロムめっきが析出したでしょうか?

答)約38µmのクロムめっき

めっき前後の重量差から求めためっき膜厚は、めっき面に対する平均膜厚であることに注意が必要です。

アーカイブ
2023年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031